ゴルフの「あのルール」は、ボッチャに活用出来る!

おはようございます。  


バリアをバリアじゃなくして


出来ることをupさせる、


バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。



本日は、


ゴルフの「あのルール」は、ボッチャに活用出来る!





今週末の日米共催の男子プロゴルフツアーの


「ZOZOチャンピオンシップ」、


昨年チャンピオンのタイガー・ウッズ選手の


動向また石川遼選手など日本人選手が


多数出場するということで、


昨日、BSでちょっと観てました。



タイガー・ウッズ選手、


2日目終了時でトップと10打差以上で


ちょっと連覇は厳しいか...(^-^;


いや3日目以降の


タイガーチャージがあるかも...




そのゴルフって


ホール毎にティーショットがある訳で、



その都度ティーアップする位置を、


そのホールのピンポジションや


バンカー、池などの位置関係を考慮に入れて


2クラブレングス以内だったかで、


ティーグランド内を


前後左右に変えられるんですね。



これ、こと「ボッチャ」においても


活用出来るんですよね。(^-^)



本日はその話をしますね。




まずこれは


ボッチャの正式なコートなんですけど、





このように投球するところって、


スローイングボックスと言うんですけど


けっこう奥行きがあるんですね。(2.5m)



一応ルール上、この枠の中から投球する


ことになっていて、



寝台式の大きい車いすっていう方も


ところどころにいるためというか、


そういう方の車いすも


ちゃんと枠に収まるように、


ということでこの広さがある訳なんですが...



あ、あと「ランプ」という


投球補助道具を使う人用もあるか...





ですが最初の画像のような


座位式の車いすの人の場合、


(7、8割そうかな...)


この画像のように、


けっこうな空きスペースが


生まれるんですよね。



つまりムダなスペースが...(^-^;



言ってみればまぁ、


そのスペースを有効に使おう


という話なんですけどね。




さて、ボッチャのコートには、


ゴルフの「残りヤード杭」のように


残りの距離の目安のヒントになるような


ラインとか印が


コート内にいくつかあるんですね。


(下の画像参照)






(これ以外に体育館には、他の競技用で


いろいろなラインがあります。)



で、ザックリ言うと、



それらを参考にして


相手が投じた目標物の距離を、


スローイングボックスを前後することで、


その目標物を


自分の好きな距離にしちゃう感じ。



「投球スペース活用法」とでも言いますか...



たとえば、



相手が投じた目標物が4mくらいだとしたら、


ちょっと下がって


自分の好きな5mの距離にしちゃったり、


7mくらいだったら、


一番後ろくらいまで下がって


自分の得意な8.5mにしちゃうとか...




なので繰り返しっぽくなりますが、



コート内のどんな箇所に


目標物ボールがあっても、


スローイングボックス内を


前後移動することで、


自分の好きな距離得意な距離の力加減に


出来ちゃい、


けっこう手軽に


目標物にピタリに出来るんです!(^-^)



この方法によって、


「ボッチャ」が10倍以上簡単になること


間違いなしなんです!(^-^)



『ふ~んなるほど。でもとりあえずは、


自分の得意な距離がないと


ダメな訳なんだな。(^-^;』



まぁ...m(__)m




でもその自分の得意な距離をつくるための


有効であろう練習方法はあります。


しかも手軽な...



それはズバリ、





・・・





ぼぉ~と何かを観る時間をつくること!



『えっ?』



日常生活の中での


電車待ちの際にとか何かの休憩中とかに、


何か特定のものを見る訳でもなく


ただなんとなく、


どこかを見ている感じなヤツ...



ありますよね。ひとり黄昏ているアレ...



まぁそんな時間も時には必要なんですが、


多くはいらないというか出来ないですよね。


そして携帯とかをイジりだしますよね。


(僕は出来るんですけどね。笑)



で、その時間に余計な携帯イジりを減らして


「目測力up練習」と言うんですけど、


その時間に...(^-^)



「あの看板までの距離は8mくらいだな。


ってことはロングボールの距離か...」とか、


「あの消火器までの距離は5mくらいだから


ボッチャのコートの中央の距離ということか。」


とか...etc



ボッチャのコート寸法を連想しながら...


(これ重要!)


(「人」ではやらない方がいいです。笑)



これを様々なもので頻繁にしていると、


「絶対距離感」を養うことが出来ます!(^-^)



「絶対距離感」というのは、


正確に音を認識出来る能力ということで、


絶対音感という言葉があるように


その距離感版という感じ...


(実際に辞書に載っています。)



この絶対距離感を養うことが出来れば、


それが自分の得意な距離になり、


先程紹介した「投球スペース活用法」が


自在に使えるようになります!(^-^)



ってことはやっぱり、


これでボッチャが10倍以上簡単になる


訳なんです!(^-^)





『ほ~』



様々な「バリア」活用術!

~こんなバリアに出逢ったら...~も、

よろしくお願いします!(^-^)

(https://ameblo.jp/takechan130)

「距離感」という感覚を、10倍以上鋭くする方法!

おはようございます。

そうだ、「ボッチャ」をやろう!案内人の

たけちゃんです。


本日は、

[「距離感」という感覚を、10倍以上鋭くする方法!?]

ということで、

お話したいと思います。



◇◇◇◇◇


さて、


「ボッチャ」の醍醐味

というか基本的な部分、


微妙な「距離感」

そして正確無比なコントロール、


をより向上するための

ある方法があります。


特に「距離感」!



想像つきますか?




の前にまず「ボッチャ」において、


一番大事な要素って

何か分かりますか?



それはズバリ、




・・・




・・・




・・・




「感覚」(距離感)の鋭さ

を養うことです!



「ボッチャ」って、


基本ボールを投げて

狙ったところに距離感を合わせる、

「感覚重視系」スポーツなんですが、


ちょっと前に騒がれていた「カーリング」

にも似ている部分があり、



「将棋」とか「オセロ」のような要素もあって、


作戦というか「戦術」が、

パラリンピック出場を狙うような

上級者レベルになってくると、


必要不可欠で大事なんですね。




なんですが、



この「戦術」ってなかなか難しくて、


何よりまず、

正確無比な

「距離感」と「コントロール」が

必要不可欠なんですね。


まずは狙ったところに

ボールがいかなければ、

何も始まらない訳で...(^-^;


そこで、


この正確無比な

「距離感」と「コントロール」が

おそらく向上出来るであろう、


特に「距離感」という感覚を

10倍以上鋭くする方法!?を紹介しますね。



その名はズバリ、


「ノールック投法」!


(発案者:僕...笑)

『でた...苦笑』



まぁなんとなく予想はつくと思うんですが、

詳しくは???だと思うので説明しますね。


昔プロ野球のピッチャーで、

巨人とか大リーグのレッドソックスで

活躍していた岡島投手っていましたよね。


キャッチャーの方は見ないで

下を向いて投げていた人...




通常野球のピッチャーは、

キャッチャーミットめがけて

投球するんでしょうけど、

かなりの変則フォームのあのピッチャー。


僕が「ボッチャ」の投球フォームで

参考にしているのは、

まさにソレです!

その投球フォームです。


岡島投手がどういう意図で、

あのフォームで投球していたのかは

分かりませんが、


このフォームで投球すると、

「感覚」(距離感)が

かなり上がるというか、


鋭くなるんですね。


「ボッチャ」って先程言ったように、

「感覚重視系」スポーツなんですね。


なので、


目標物を見ながら投球するより

はるかに自分の中での「感覚」を使う、

この「ノールック投法」は、


とても「ボッチャ」というスポーツと

相性がいいはずなんですね。

(そう思っているのは僕だけかも...苦笑)


なので、


「ボッチャ」をやりながら、

「感覚」をより向上出来る

といった具合で!...(^-^)


「リハビリ」としての

ボッチャの側面というか...



まぁ目標物を見ながら投球の場合、


「感覚」(距離感)以外に

「視覚」も使うということになるので、


初心者向けの簡単な「フォーム」

ということで、

より早く上達出来るんですけどね。


スキーで言うボーゲンって感じ...???




◇◇◇◇◇




最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。