対戦競技は、個人練習と「○○練習」のバランスが大事!

おはようございます。  

バリアをバリアじゃなくして

出来ることをupさせる、

バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。


本日は、

対戦競技は、個人練習と「○○練習」のバランスが大事!




本日、一応来年行われる予定の、

三重とこわか国体障がい者スポーツ大会に

ボッチャ競技が新たに加えられる

ということでのプレ大会で、

久々にボッチャの実戦の練習です!(^-^)

(1年近くぶりに...)


プレ大会なので本大会の準備大会で

優勝とかの順位は決めることはないのですが、

こんな時期でも「実戦練習」が出来るので

収穫になるかな...


『ん、実戦練習?』


はい、


まぁ「ボッチャ」に限らない

ことなんでしょうけど、

対戦競技の練習の種類には

大まかに2種類あるんですね。知ってます?




・・・




ズバリ、「個人練習」と「実戦練習」です!


まず「個人練習」とは、

ゴルフの打ちっ放し練習のように

1人の世界に入り込み黙々と練習すること。

いろいろチェックしながら...

つまり自分と対話しながら...


家の中でのパット練習もそうですね。

あと自分と対話という意味では

陶芸とかにもそんな要素があるのかな...



「今の投球はこういう身体の動きだったから

ああいう結果になったんだ」

などのように、ああでもないこうでもない

っていうように練習していると、


毎回毎回の投球において、

いろいろチェック出来るんですね。(^-^)

レベルアップには欠かせない!


特にゴルフの打ちっ放し練習の時なるのかな...



で、これに対して「実戦練習」とは、

試合形式での練習というかいわゆる練習試合。


これの難点は、

対戦相手に迷惑をかけてはいけないと

多少気を使うので、

時間をかけないで

ちょっと急いでいろいろやるため、

いつもの自分のかたちが

抜け落ちることがあるところ。


つまりmyルーティン通り出来ない

ということ。(^-^;


なんですけど、

今日は思いっきりマイペースで

やってやろうかな...

せっかくの久々の

実際の試合形式という機会なんで、

ボッチャの試合を堪能したいと思います。(^-^)


でもこういう練習試合で

ルーティン通り出来なければ、

実際の試合ではおそらく出来ない

ということになるので、

本番の試合とまではいかないものの、

せっかく試合の雰囲気を

練習出来るのだから、

この「実戦練習」も回数をこなしたい

ところですね。


そしてこういうケースはコレで

ああいうケースではアレでが、

スッと出来るように...


まぁどちらの練習も大事ですね。


でも割合で言うと、

個人練習8割実戦練習2割くらいが

いろいろとちょうどいいかも...


『ふ~ん。でも今はなかなか

その実戦練習が出来ないんだよな...(^-^;』



ちょっと待ってください!


この2つの練習のメリットを網羅した

いい練習法があるんですよ。

しかも自宅でも出来ちゃう!(^-^)


それは、




・・・




「ひとり」boccia3×3です!(^-^)


『ん、3×3?3球ずつってことか...』


「ひとり」boccia3×3は、

バスケットの3×3じゃないですけど

通常の半分というか

赤3球青3球(白1球)を使用し、

(通常は赤6球青6球白1球)

全球自分ひとりで投球し(6球)

自作自演しながら

ボッチャの試合をするんです。

(6球なんで体力的負担は

通常のボッチャと変わらない。)


でもこれ、試合さながらの

いろいろなケースを味わえるというか

「実戦練習」っぽく出来ちゃうんです!(^-^)

(多少の緊張感も出る。

運動も手軽に出来る。)


あと「自作自演」ということなので、

ストーリーが生まれやすいんですよね。


キャラクター性を強調してみたり、

「写真で一言」みたいに

言いそうなことを代弁したり、

実況中継風にしてみたり、  

とっぴ押しもない戦術をやってみたり

するので...


すると単調な動きばかりの

ボッチャのなかにあって、

動きが出て面白く出来ますし、

いろいろな戦術、戦い方が

スッと思いつくようになるんです!(^-^)


それからストーリー仕立てにしていると、

脳のリハビリ(ボケ防止?)にも有効的!(^-^)

(その様子を動画作成すると、なお...)


まぁ体育館とかの広いスペースで

ボッチャが出来るに

越したことはないんですが、

自宅とか狭いスペースで

たとえひとりあっても、

多少は緊張感が出せて

実のある練習とかに出来るんです!(^-^)


『ほ~』



このように、


どんなやり方であろうが

対戦競技において実戦練習が出来ると、

「ゲーム感覚力」を

より養うことが出来ます!(^-^)


ゲーム感覚力が向上出来ると、

ボッチャというスポーツを

より楽しめることに繋がり、

さらなるリハビリ効果というか

好循環に当てはめることが出来ます!(^-^)


『なるほどね』



車いす利用者が教える、

様々な「バリア」活用術!も、

よろしくお願いします!(^-^)

(https://ameblo.jp/takechan130)

ボッチャで、それぞれの「ボールの特徴」を熟知すると...

おはようございます。  

バリアをバリアじゃなくして

出来ることをupさせる、

バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。


本日は、

ボッチャで、それぞれの「ボールの特徴」を熟知すると...




さて、僕がまだ健常者の頃、

時々趣味でゴルフをやっていたのですが、


ゴルフって

数少ないマイボール制のスポーツなので、

当然自分好みのボールを選べるんですね。

硬さであったりメーカーであったり、

色であったり、

はたまた書いてある数字であったり...etc


その自分の選んだボールには、

よく飛ぶ、よく転がるだとか

曲がりやすいだとかっていう特徴が

よく出ているものもあって、


攻め方、戦略を考える上で、

ボール選びならびに

ボールの特徴を知っておくことは、

とても重要なファクターなんですね。


で、このことは、

僕がやっているスポーツ「ボッチャ」にも

当てはめられるところがあって、

僕はかなり活用しています。(^-^)


『え、どんな風に?』


はい、まず僕のボールセットは、

別に僕オリジナルでも

カスタマイズしたものでも何でもなくて、

フツーに業者から買ったものなので

どこにでもある通常品です。


ボッチャのボールセットって、

業者おまかせで買うと、

業者の方で硬いボールであったり

いろいろな戦術に対応しやすい

柔らかいボールであったりを

いろいろ適当に何個かずつ

入れているんですよね。


なので転がり具合が

それぞれのボールでまちまちなんですね。(^-^;

さらに出だしは真っ直ぐ転がっているのに

途中からあさっての方向に

カーブするボールもあるんですね。

え、ウソーっていうように...(^-^;


『あぁ。それは難儀やな~。

それはどうすることも出来ないのか?』


いや、ひとつ方法があるんです!


それが僕がやっている活用法なんですが、

ちょっとそれを紹介しますね。(^-^)



目標物に向けて方向が合っていても、

ボールの転がり具合がまちまちだと

目標物に近づかなかったり、

カーブしてあさっての方向に行ったり

っていう問題の対策です。




・・・




ズバリ、


それぞれのボールの特徴、

「転がり具合、曲がり具合」を熟知して

活用することです!(^-^)

「ボールと友達になる」というか...(笑)



まず、

それぞれのボール(赤6球、青6球、白1球)

のボールのマーク付近に、

自分だけが分かる「ある覚え書き」を記入。

そしてその覚え書きの情報を元にして、

投球毎に投球スペース内を

前後左右に移動するんです。


で、たとえばどんなことを記入するのか...?


それぞれのボールの特徴

(名前と転がり具合と曲がり具合)を、

たとえばボールが全球区別出来るように、

赤6球、青6球それぞれに

A、B、C、D、E、Fという文字を記入。


そしてよく転がるボールは「+」、

転がり具合が悪いボールは「-」、

その中間のボールは「0」と記入します。

飛び抜けて転がるボールは「+2」とか...

さらにカーブするボールには「↖️」と記入。

(丸みがある矢印。)


こんな感じで...

(853は名前みたいなもの)


これ、上達というか

安定感を出しやすくするには

超オススメです!(^-^)


この分析?によって


確実に練習の「質」は高まります!(^-^)



そして、一球一球の投球が


より正確になります。


(精密機械かっていうくらい


高性能、高精度に...)


「ボールを操っている」感覚に...(^-^)



さらに状況判断の時間も


よりスピーディーになります!(^-^)




それからこれによって、

状況に応じてボールの種類を変える

(その時その時に投球するボールを選ぶ)

という作戦がやりやすくなるんですよね。


ちょっと固めのボールを

勢いよく投球することで

ボールにパワーを生ませたり、

カーブするボールを

計算して敢えてちょっと右向いて投球して

ブーメランのごとくカーブさせながら

目標物に近づけたり...etc


(あ、ちなみにこれ、

相手ボールが投球進路を邪魔していても

避けられるんです!(^-^)

「ブーメランボール作戦」と言います。笑)


『え、マジかよ...』



ですがこれ、


「戦術」という形あるものにするには、

毎回毎回同じような軌道

カーブ具合にする必要があるんですね。


そこで、僕の場合は、


ボールの握る位置を決めてるんですよね。

先程のボールの写真の向きで、

「マーク」のところに親指がくるように

という具合に...


そうすると、


だいたいボールの軌道が一定するんです!

カーブ具合が...

そして狙ったところにピタッ。(^-^)


『ほ~』



このように、


マイボール制のメリットを

存分に活用するとというか、

それぞれのボールの特徴を熟知出来ると、

いろいろな戦術が考えやすくなります!(^-^)

「戦略の組み立て力」向上というか...


さらに「ボッチャ」というスポーツを

目一杯楽しめることに繋がります!(^-^)


『なるほどね』




様々な「バリア」活用術!

~こんなバリアに出逢ったら...~も、

よろしくお願いします!(^-^)

(https://ameblo.jp/takechan130)

「自分のかたち」を、掴みやすくする方法!

おはようございます。  

バリアをバリアじゃなくして

出来ることをupさせる、

バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。


本日は、

「自分のかたち」を、掴みやすくする方法!




さて、この

僕がやっているボッチャっていうスポーツは、


距離感覚の鋭さを競って

目標物に寄せ合うだけじゃなく、

オセロや将棋のような

先々の状況を考えた頭脳戦の要素もあって、

(特に短い距離の勝負になると...)


ちょっと前にキテいたカーリングみたいに

けっこう奥が深いスポーツな訳なんですが、



オセロでも将棋でも、

「自分のかたち」というか勝利の方程式的な

自分の中での型に入れ込めると戦いやすくなる

というか強いというのがあるように、

ボッチャにもそんな感じがあるんですね。


『あぁ。まぁそんなんもあるかもねぇ。』


はい、実際あるんです。


でもそんな「自分のかたち」だなんて、

けっこうボッチャをやりこまないと

見つけれないんじゃないか

と思いそうなんですが、(^-^;


ひとつ、


その自分のかたちを見つける際に、

役に立つというか知ってて損はない

っていうようなことがあるので紹介しますね。(^-^)


ボッチャ以外にも通ずる話です。



自分のかたち...


勝利の方程式、

プロ野球だと7,8,9回の僅差のリード時

または切迫した場面で出てくるいい投手陣、

言いかえると「勝ちパターン」な訳なので

そうそう簡単には掴めないことなんですが、(^-^;


それを掴みやすく出来るあること、


それはズバリ、




・・・




○○のように...というか誰か何かの動きを

マネすることなんですね。


「マネをする」って言うと

ちょっとマイナスな感じがするのかもしれませんが、

全然そんなことないんです。


そういった元になるものがないと、

なかなか自分の思い通りの結果に出来にくくて

面白みも半分以下になってしまうんですよね。(^-^;


『でもそんなこと言っても、

どんな風にマネしたらいいのかなんて

見当もつかないんだよな。(^-^;』



はい、


たとえば僕がボッチャの投球動作で

マネしたことで言うと、


ゴルフのロングパットのようにだとか

ランニングアプローチのようにだとか、

目標物を観定める際にゴルフのグリーン上で

ラインを読む動きをだとか

ラグビープレースキックの前動作、

のようにだとか...etc


戦い方で言うと、


「カテナチオ作戦」と言って

サッカーイタリア代表の伝統的な戦い方で、

「ゴールに鍵をかける」という意味の

よりディフェンシブにプレーする戦術を

マネしてます!


こういう風に何かや誰かの動きを、

より具体的に頭にイメージしながら

ボッチャの投球なり何かをすると、

明らかに結果としてはいいものというか

自分の求めたものになるんです!(^-^)


まぁ僕のボッチャのことが

誰にとってもの話な訳じゃないんですけど、


この「自分のかたち」に持ち込めると、

しっくり感というか

「○○をやってるぜ感」が抜群に良くなり、

そして自分の求める結果により近づきます。(^-^)


『ふ~ん。

しかしキミ、ゴルフ多いな。(苦笑)』


はい、たぶん昔よくゴルフをやっていたので、

それが身体に染み付いているんでしょうね。(笑)



このように、


僕の場合は「ゴルフ」での動き・感覚を

ボッチャの投球に多くを活用しているんですけど、


今まで生きてきた中において、

時間をさいてきたことだとか

影響を受けたことだとか

っていうことやモノに絡んだ動き・感覚を、


別の何かに活用出来ると

その何かは格段に簡単なものになります!(^-^)


そして自分のしっくりいく「かたち」に出来ると、

その戦い若しくは○○が進めやすくなり、

最大限のチカラを発揮

出来るようになるのです。(^-^)


『ほ~』


また、「自分のかたち」を掴むことは、

様々な○○力upにも大きく影響してきます。




様々な「バリア」活用術!

~こんなバリアに出逢ったら...~も、

よろしくお願いします!(^-^)

(https://ameblo.jp/takechan130)