リハビリ効果が最大限期待出来る、ボッチャでの「ある動き」とは?

おはようございます。

そうだ、「ボッチャ」をやろう!案内人の

たけちゃんです。


本日は、

[リハビリ効果が最大限期待出来る、ボッチャでの「ある動き」とは?]

ということで、

お話したいと思います。



◇◇◇◇◇


さて、


昨日のブログで言ったように、


「ニュースポーツ」には、

リハビリ目的としての側面も

ある訳なんですが、


とりわけ僕がやっているスポーツ

「ボッチャ」の場合で言うと、


投球時のある投球フォームであるとか、

練習時にボールを回収する際に

自分の素手で

地面のボールを拾い集めることをすると、


その「リハビリ効果」が

かなり期待出来るんですね。



何故ならそれは、


ズバリ「前屈み」が

ポイントになるからなんですね!


「前傾姿勢」です。


「前傾姿勢」は、

一般的に車いす利用者にとって

前方への転倒のリスクが出てくるので、


「動き」としては

あまり勧められないのですが、


もし可能な場合、


この「前傾姿勢」を頻繁にすることによって、


身体の芯「体幹」の強化というか

かなり「腹筋」が強化されるんですね。


さらに「バランス感覚」の向上もかな...



また、


長時間の「前傾姿勢」によって、

便通が良くなるんですよ。


僕は今回の脳の病気をしてからというか

「車いす」を常時利用するようになってから、


歩けない分

腸への振動・圧迫がなくなったせいなのか、

けっこう便秘気味なんですね。


ひどい時は1週間くらい出ない時も...



なんですが、


決まって

「ボッチャ」の練習日直後か翌日になると、


それがスッキリと解消されるんです!


これは、

腸がかなり圧迫されている

証拠なんでしょうね。




まぁでも言ってみれば、


別に「ボッチャ」をやらなくても、

「前屈み」の体勢が長時間とれれば

便秘対策にはなるんですけどね...(^-^;


相撲の「はっけよ~い、のこった!」

でもOKなんだろうな...(苦笑)





あとこれは余談ですが、


ボッチャにおいての、

この「前傾姿勢」での投球フォームで

投球すると、


「スーッと地面を這う」ような感じの

よりスマートな感じというか、

「キレ」のある球質になるんですね。


ボウリングのような...




これ、とても気持ちいいんですよ!(^-^)


しかも「ボールの痛み」があまりない!




◇◇◇◇◇




最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


僕のもうひとつのブログ

『楽しい、「車いす」Life!』

(アメブロ)も、よろしく!

×

非ログインユーザーとして返信する