「自分のかたち」を、掴みやすくする方法!

おはようございます。  

バリアをバリアじゃなくして

出来ることをupさせる、

バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。


本日は、

「自分のかたち」を、掴みやすくする方法!




さて、この

僕がやっているボッチャっていうスポーツは、


距離感覚の鋭さを競って

目標物に寄せ合うだけじゃなく、

オセロや将棋のような

先々の状況を考えた頭脳戦の要素もあって、

(特に短い距離の勝負になると...)


ちょっと前にキテいたカーリングみたいに

けっこう奥が深いスポーツな訳なんですが、



オセロでも将棋でも、

「自分のかたち」というか勝利の方程式的な

自分の中での型に入れ込めると戦いやすくなる

というか強いというのがあるように、

ボッチャにもそんな感じがあるんですね。


『あぁ。まぁそんなんもあるかもねぇ。』


はい、実際あるんです。


でもそんな「自分のかたち」だなんて、

けっこうボッチャをやりこまないと

見つけれないんじゃないか

と思いそうなんですが、(^-^;


ひとつ、


その自分のかたちを見つける際に、

役に立つというか知ってて損はない

っていうようなことがあるので紹介しますね。(^-^)


ボッチャ以外にも通ずる話です。



自分のかたち...


勝利の方程式、

プロ野球だと7,8,9回の僅差のリード時

または切迫した場面で出てくるいい投手陣、

言いかえると「勝ちパターン」な訳なので

そうそう簡単には掴めないことなんですが、(^-^;


それを掴みやすく出来るあること、


それはズバリ、




・・・




○○のように...というか誰か何かの動きを

マネすることなんですね。


「マネをする」って言うと

ちょっとマイナスな感じがするのかもしれませんが、

全然そんなことないんです。


そういった元になるものがないと、

なかなか自分の思い通りの結果に出来にくくて

面白みも半分以下になってしまうんですよね。(^-^;


『でもそんなこと言っても、

どんな風にマネしたらいいのかなんて

見当もつかないんだよな。(^-^;』



はい、


たとえば僕がボッチャの投球動作で

マネしたことで言うと、


ゴルフのロングパットのようにだとか

ランニングアプローチのようにだとか、

目標物を観定める際にゴルフのグリーン上で

ラインを読む動きをだとか

ラグビープレースキックの前動作、

のようにだとか...etc


戦い方で言うと、


「カテナチオ作戦」と言って

サッカーイタリア代表の伝統的な戦い方で、

「ゴールに鍵をかける」という意味の

よりディフェンシブにプレーする戦術を

マネしてます!


こういう風に何かや誰かの動きを、

より具体的に頭にイメージしながら

ボッチャの投球なり何かをすると、

明らかに結果としてはいいものというか

自分の求めたものになるんです!(^-^)


まぁ僕のボッチャのことが

誰にとってもの話な訳じゃないんですけど、


この「自分のかたち」に持ち込めると、

しっくり感というか

「○○をやってるぜ感」が抜群に良くなり、

そして自分の求める結果により近づきます。(^-^)


『ふ~ん。

しかしキミ、ゴルフ多いな。(苦笑)』


はい、たぶん昔よくゴルフをやっていたので、

それが身体に染み付いているんでしょうね。(笑)



このように、


僕の場合は「ゴルフ」での動き・感覚を

ボッチャの投球に多くを活用しているんですけど、


今まで生きてきた中において、

時間をさいてきたことだとか

影響を受けたことだとか

っていうことやモノに絡んだ動き・感覚を、


別の何かに活用出来ると

その何かは格段に簡単なものになります!(^-^)


そして自分のしっくりいく「かたち」に出来ると、

その戦い若しくは○○が進めやすくなり、

最大限のチカラを発揮

出来るようになるのです。(^-^)


『ほ~』


また、「自分のかたち」を掴むことは、

様々な○○力upにも大きく影響してきます。




様々な「バリア」活用術!

~こんなバリアに出逢ったら...~も、

よろしくお願いします!(^-^)

(https://ameblo.jp/takechan130)

×

非ログインユーザーとして返信する