ボッチャで、「バリア○○ー」に出来そうなあること!

おはようございます。  


バリアをバリアじゃなくして


出来ることをupさせる、


バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。



本日は、


ボッチャで、「バリア○○ー」に出来そうなあること!





ちょっと前にあるTV番組で、


あるアメリカの車いすマラソン選手のことを


取り上げていたのを観た感想です。



その人は生まれつき下半身が動かない


という障がいを抱えていたため、


「足で歩く」という動作が出来ない代わりに


逆立ち状態になり手を足代わりにして、


ちょっとした移動であったり


階段の乗り降りまで


子供の頃はしていたようです。



その結果、


類まれな腕の筋肉の発達、腕の感度の向上に繋がり、


今では女子車いすマラソン界の第1人者に...



これを観て僕はあることを思い出しました。



手術当初担当医から言われたことで、


「キミの場合は脳の中の


ある運動神経が全廃になっているから、


その周辺の他の神経で新たな経路をつくり


その運動神経の元々の働きを賄うことを


期待しよう。」という...



確かにその運動神経の全廃により、


手術後5年くらいの頃までは


いろいろな障壁を味わっていました。(^-^;



『え、どんな?』



はい、たとえば車いすバドミントン、


車いすバレーボール、


野球のキャッチボールのような、


動くボール(シャトル)が追えないというか


目がボールについていけない感じというか...(^-^;


(HIT出来ない、キャッチ出来ない。)



このままだと息子とボールで


遊んであげられない、どうしよう...(T_T)



そこで出逢ったスポーツが、


「ボッチャ」なんです!(^-^)



僕は5年くらい前に知人に勧められ、


ある「障がい者スポーツ、ニュースポーツ


体験フェスティバル」みたいなのに参加しました。


で、それがきっかけで、


そのイベントを主催していた団体に入会し


ボッチャを始めた訳なんですけど、



当初は「息子とボールで遊ぶため」のみを


目的にしていたので、


右手の感度up、身体の○○力up、


つまり「リハビリ」としてボッチャをやっていました。




さて時々本ブログで紹介している


「バリアアリー」という、



建物とかの中に敢えて段差などの「バリア」を


設け、


そのバリアになっている箇所を乗り越えること


で、


自己治癒力を上げていくという


自然な形での「リハビリ効果」


として期待されている考え方があります。



これをボッチャの中で活用出来ないか...


ボッチャを通しリハビリが出来ないか...


ということで、


いろいろな場面での「動き」に注目しながら


「あ、これは足にけっこうくる、効いてるな~」とか


「あ、これは腹筋が鍛えれる」などというように、


リハビリとしての、○○力増進として


ボッチャと向き合っていました。



そこでその中のひとつ、


ある活用例を本日は紹介しますね。




ところでボッチャって、


一般的にどんな感じで


ボールを投げるものなのか分かりますか?



『え、そんなん単純に目標になるものを狙って


投げるんじゃないの?(苦笑)』



はい、そうです。一般的には...



『ん、一般的には?』



「目標になるものを狙って投げる」、


まぁフツーそれでいいんですけど


今回はリハビリとしてのボッチャですから...



ボッチャってけっこう自由なスポーツなので


どのように投げてもいいんですね。


足で蹴ってもいいくらいですし...



ということを踏まえて、


他にどんな投げ方があるのか


想像つきますか?





・・・





ズバリ、目標物を観ないで投球、


つまり「ノールック投法」です!



『え、ボッチャでノールックが成立すんの?(^-^;』


はい、練習はけっこう必要なんですが...



ボッチャでのノールック投法は、


僕も大会とかでもほぼ観たことがない


珍しい投球フォームなんですけど、(^-^;



これ、自分のものに出来ると、


いろいろ思いがけないメリットが


あるんですよね。(^-^)



あ、ノールック投法っていうのは、


元巨人・ボストンレッドソックスで


活躍していた岡島氏のように


目標物を観ないで投球する方法で、





目標物は


投球前に照準を合わせる時に観るんですけど、


(アドレス時?)


投球姿勢になったら


目線は手に握ったボールというか床。


若しくは何も観ていない感覚。




で、



「ノールック状態」で投球するとというか


何かをやると、



感覚というか「距離感覚」が


より鋭くなるんですよね!(^-^)


全盲の視覚障がい者の研ぎ澄まされた

視覚以外の感覚のように...


その結果狙ったところに毎回ピタリ!(^-^)



もちろん私生活の中でも、


その鋭くなった距離感覚は


いろいろ役に立ちます!(^-^)



何故なら、



時々、


「ボッチャは感覚を研ぎ澄ませたスポーツ」


と言われているんですけど、



目標物を観ながらの投球の場合、


「感覚」というより「視覚」で得た情報に


距離感覚を合わせる訳なので、


視覚優位な感じというか


言うほど感覚は使えてなくて、(^-^;



逆に「ノールック状態」での投球しかり○○の場合、


視覚を使わないで頭の中での「動感覚」だけで


距離関係を合わせるので、


距離感覚を


より刺激することになるからなんです!(^-^)



その結果「リハビリ」としての


ボッチャの側面がより強化され、


全盲の視覚障がい者の人相手でも


ハンデなしの手加減なしで


出来るんです!(^-^) 容赦なしで...


他のことでも同じことが言えます。



『おぉ』




ボッチャは単純なスポーツなので、



動きが少ない分、


このように「バリアアリー」な箇所に出来る


ところが思いつきやすいんですが、



ニュースポーツの特色を活かすことで、


別のメリットも生まれてきやすくなるんです!(^-^)



『なるほどね』



なので僕も多少は


右手の感度upは出来ているんです。


そしてもちろん、息子とボールで遊べていま


す!(^-^)


しかしいったい僕の脳は、


新たな神経経路は出来ているのだろうか...



にしても岡島氏の、「野球」という


動きが多いスポーツでノールック投法を


成立させていたというのは、


すごいとしか言いようがありません。(苦笑)




あとちなみに、ボッチャで手軽に


「ノールック状態」をつくるには、



可能なら前傾姿勢にすることで、


自然に目線を地面に行かせて


ノールック状態をつくるか、



まぁ目を閉じればいいんですが、


こんなようなアイマスクをはめても出来ます!(笑)



『ほ~』




様々な「バリア」活用術!

~こんなバリアに出逢ったら...~も、

よろしくお願いします!(^-^)

https://ameblo.jp/takechan130

×

非ログインユーザーとして返信する