「ボッチャ」が、10倍簡単になる方法!?

おはようございます。

そうだ、「ボッチャ」をやろう!案内人の

たけちゃんです。


本日は、

[「ボッチャ」が、10倍簡単になる方法!?]

ということで、

お話したいと思います。



◇◇◇◇◇


さて「ボッチャ」っていうスポーツは、


基本

ボールを目標物に寄せ合う競技であって、

「距離感覚」の鋭さがものを言うんですね。


でもこの「距離感覚」ってなかなか難しくて、

毎回毎回の投球が

あまり一定しないんですね。


力加減にバラツキが出てしまうんです。




そこで、


僕がやっている、

そうなりにくい方法を紹介しますね。

「安定感」が増す方法を...


『はぁ...苦笑』



ズバリその名は、


「新5節句法」!(作者: 僕)


『えっ???』

(まぁそうなるでしょう...苦笑)




では説明しますね。



「新5節句法」というのは、


簡単に言うと、

「ボッチャ」の投球における力加減を

コートの縦の長さで5段階に分けたもの。


・人日(じんじつ)の節句(1/7)3m

・桃の節句(3/3)4.5m

・端午の節句(5/5)6m

・七夕の節句(7/7)7.5m

・重陽(ちょうよう)の節句(9/9)9m


たとえば、

「桃の節句」の距離感の感覚は

こんな力加減でという感じで...


※この名前はホントはA、B、C....でも

何でもいいんですけどね...(苦笑)



 「5節句」という風に言うと、


 実際は詳しくなくても、


 「あ、この人知ってるな~」、

というか「ちょっと通な人」

と思わすことが出来るので...(笑)



そして、


この5つの「距離感覚」の内

3個くらいを自分の中だけで掴んでおいて、


安定してだいたい全投球同じところ辺に

行かせる方法。




あ、「ボッチャ」ってこんなのです。




この画像から分かるように、


投球する位置は

四角い枠が6個ある内の1個分のスペース。


そのスペース内だったら、

ラインを越えなければ

どの位置から投球してもいいんですが、


だけど人間心理が働くのか、


大方の人(ほとんどすべて)が

一番前のラインの辺から投球するんですね。


ルールで決まっているかのように...(^-^;



そんな中、


「新5節句法」の真骨頂、



その投球スペース(全長2.5m)の

「広さ」を存分に活用しよう!

(僕はこのスペースも

    5段階に分けています。

          50cm間隔で...)


っていう方法を使うことで、

(投球位置を状況に応じて変える)


「ボッチャ」が、

10倍以上簡単になること

間違いなしです!(^-^)


よりシンプルに...



たとえば、


「人日の節句」の距離が、

投球スペースの一番後ろから

投球することによって、


「桃の節句」の距離に...


「七夕の節句」の距離が

「重陽の節句」の距離に...


『お~』




ちなみに、


僕は「桃の節句」(短距離)と

「端午の節句」(中距離)と

「重陽の節句」(長距離)の距離だけしか、

最近は練習していません。


あとは、


投球スペースを存分に活用するべく

前後移動しているだけなんですね。


3つの「距離感覚」だけを

元にして...(^-^)




◇◇◇◇◇




最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


僕のもうひとつのブログ

『楽しい、「車いす」Life!』

(アメブロ)も、よろしく!

×

非ログインユーザーとして返信する